消えた1トンの岩、1カ月ぶりに元の場所に戻る 米国立森林公園

消えた1トンの岩 米国立森林公園

(CNN) 米アリゾナ州のプレスコット国立森林公園から突如姿を消していた1トンの岩「ウィザード・ロック」が約1カ月ぶりにもとの場所に戻ったことがわかった。

国立公園当局者によれば、森林警備隊が現地をパトロールしていたところ、岩が以前あった場所に戻っていたのを発見した。岩がなくなったとの通報は約1カ月前に行われていた。

当局者は、地元の地学好きの人々にとって、白い石英の筋の入った黒の巨岩は特別な意味があると指摘する。景色の良い89号線を走る運転手を歓迎し、自撮りのスポットにもなっていた。

岩の消失は森林警備隊を困惑させていた。岩の重さは小型車と同じくらいで、慎重に持ち上げるにはかなりの労力を必要としたとみられている。

また、許可を得ずに国立森林公園から鉱物を持ち出すのは違法で、岩が戻ってこなかった場合には、岩を持ち出した人物は最高5000ドルの罰金か6カ月間の禁錮刑かその両方が科される可能性がある。

国立公園当局は、岩を訪問者がより楽しめるもっと目立つ場所に移すことも検討しているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]