世界生計費番付 香港1位、東京は2位 上位10のうち7都市がアジア

2018年の世界生計費ランキングで香港が再び1位に浮上した

2018年の世界生計費ランキングで香港が再び1位に浮上した

(CNN) 米コンサルティング会社マーサーがまとめた2018年の世界生計費ランキングで、香港が再び1位に浮上した。日本は東京が2位に入る一方、大阪や名古屋などは順位を下げている。

香港は昨年の1位だったアンゴラの首都ルアンダを抑え、2016年に続いて首位につけた。駐車スペースだけで600万香港ドル(約8400万円)の値が付くこともある物価の高さが影響した。

中国の都市は、政府による通貨規制の強化などを反映して順位が上昇。一方で大阪や名古屋は、他国の都市が大幅に上昇したあおりで順位を下げた。

ランキングは上位10都市のうち、7都市をアジアの都市が占めている。

米国の都市は、米ドル安の影響で軒並み順位を下げ、ニューヨーク市は昨年の9位から今年は13位になった。次いでサンフランシスコは28位、ロサンゼルスは35位だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]