個人用潜水艇に富豪たちの熱い視線

ディープフライト社の2人乗り潜水艇=同社提供

ディープフライト社の2人乗り潜水艇=同社提供

ロンドン(CNNMoney) 豪華で超大型の「スーパーヨット」を所有している大富豪なら、ぜひ備えつけておきたい最新アイテムがある。それは個人用の潜水艇だ。上位1%の富豪の資産が急増し、富豪の平均年齢が下がるなか、個人用潜水艇の需要はここ数年で大きく伸びている。

「若く冒険好きなオーナーは、ヨットの船上で座ってカクテルを飲んでいるだけでは満足できない」と、潜水艇メーカー「ディープフライト」のグレアム・ホークス創業者兼最高技術責任者(CTO)は言う。

ディープフライトの潜水艇は2人乗りで、水中ジェットに似ている。価格は少なくとも150万ドルで、水深120メートルくらいまで潜れる。

同社の顧客には英富豪リチャード・ブランソン氏やベンチャーキャピタリストのトム・パーキンス氏らがいる。ホークスCTOは、ブランソン氏に操縦法を教えていた際にホホジロザメと遭遇した思い出をこう語る。

「2人ともびっくり仰天した。何物にも代えがたい30秒だった。20年間の苦労も報われた。すばらしい体験だった」

現在は受注生産のみだが、今後の市場の拡大に合わせて既製品の生産も検討している。この数年は年に2~3隻のペースだったが、10隻くらいまで増やせるとホークスCTOは言う。

トリトン・サブマリンズ社も、最近の需要増でこれまでにない数の注文を受けている。人気機種「トリトン3300/3型」は3人乗りで水深約1000メートルまで潜ることができる。価格は300~500万ドルだ。

「潜水艇で深海に潜るのは並外れた体験だ。(だからオーナーは)家族や友人のヒーローになれる」と、同社のブルース・ジョーンズ最高経営責任者(CEO)は言う。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]