東京が世界一魅力的な都市である50の理由

21.極上のラーメン

東京は世界の都市でラーメン屋の数が最も多く、中でも一番のおすすめが「麺屋ごとう」だ。カウンターのみの小さな店だが、店の外に長蛇の列ができるほどの人気店だ。

22.1日中マンガが読めるマンガ喫茶

マンガ喫茶では、1時間あたりわずか数百円払うとリクライニングシートやインターネットが可能なパソコンのある個室でマンガが読み放題で、ドリンクも飲み放題だ。当初はマンガオタクたちがターゲットだったが、最近は安価で時間を潰したり、仮眠が取れる場所を求めるサラリーマンの間でも人気が急上昇している。

23.神田川沿いに生息するコウモリ

吉祥寺の井の頭池に源を発し、隅田川に合流する神田川沿いに大量のコウモリが生息している。夕方、川沿いを歩いていると、空に羽ばたくコウモリの大群が見られる。

24.世界最短のエスカレーター

川崎は正式には東京ではないが、ここで是非紹介したいのが川崎モアーズにある世界一短いエスカレーター、「プチカレーター」だ。これほど小さなエスカレーターの存在理由は説明できないが、とにかく必見だ。

25.猫たちに癒される猫カフェ

高田馬場にある猫カフェ「ねころび」では、一杯のココアと眠そうなシャムネコで、仕事で疲れた心と体を癒せる。活発なトラ猫と遊んでストレスを発散するのもいい。

26.SFさながらの高速道路

首都の主要な区や周辺地域を、オフィスビルや歴史的建造物の間を縫うように走る「高速道路」で結ぶ。こんな発想は日本人にしか浮かばないだろう。

無数の路線が複雑に交錯し、地上と地下に入口と出口があり、サーキット顔負けの急カーブがいくつもある首都高速道路(首都高)は、建築・設計の視点から見れば画期的だが、交通・物流の面では悪夢だ。

27.モッズスーツの殿堂

世田谷区にある「洋服の並木」は恐らく、モッズスーツと呼ばれる若者向けの細身のスーツを専門に扱う世界で唯一のオーダーメイドショップで、過去に流行ったさまざまなスタイルのスーツの仕立てが可能だ。

28.超高級店がずらりと並ぶ銀座

銀座は人々が互いのファッションを鑑賞し合い、そして世のサラリーマンたちにはとても出せない金額をファッション、ハンドバッグ、宝石に費やす場所だ。かつて銀座は「東京の五番街」と呼ばれたが、今は五番街を「ニューヨークの銀座」と呼ぶ方が適切だろう。

29.招き猫生誕の地

世田谷区にある豪徳寺は招き猫生誕の地とされる。境内には招猫観音を祭る招猫殿があり、その横の奉納所にはご利益のあった多数の招き猫が奉納されている。

30.思わず長居したくなる羽田空港

2010年10月に羽田空港の新国際線旅客ターミナルがオープンしたおかげで旅行者は成田空港から都心まで1時間以上かけて移動する必要がなくなった。また、ターミナルビル内にある江戸の街並みを再現したショッピングモール「江戸小路」には、日本の歴史をテーマにしたレストランや土産物店が並び、日本の伝統や文化を体感できる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]