中国小米、スマホの出荷台数減少 米アップルに抜かれて3位に後退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国山東省の店舗でシャオミのスマートフォンを選ぶ消費者/Tang Ke/Costfoto/Barcroft Media/Getty Images

中国山東省の店舗でシャオミのスマートフォンを選ぶ消費者/Tang Ke/Costfoto/Barcroft Media/Getty Images

香港(CNN Business) 中国のスマートフォン大手、小米科技(シャオミ)は23日、2021年7~9月期の決算を発表し、スマホの出荷台数が前年同期比約6%減の4390万台だったと明らかにした。世界的な半導体不足や厳しい競争に直面した。

調査会社のカウンターポイント・リサーチとカナリスによれば、シャオミは先ごろ、スマホ市場で世界2位の座に就いたが、7~9月期には米アップルに抜かれて3位に後退した。

シャオミによれば、スマホ事業は現在起きている半導体不足のために大きな打撃を受けている。半導体不足は来年前半まで続く見通しだという。

シャオミの王翔社長は、世界的な半導体不足が同社にとって大きな挑戦となったと振り返った。

7~9月期のシャオミ全体の売り上げは前年同期比8%増の781億元(約1兆4000億円)。純利益は同25%増の約52億元で市場予測をわずかに上回った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]