ユーチューブ、ワクチンに関する誤情報を削除へ

ユーチューブが新型コロナワクチンの誤情報を発信する動画を削除すると発表した/Shutterstock

ユーチューブが新型コロナワクチンの誤情報を発信する動画を削除すると発表した/Shutterstock

ニューヨーク(CNN Business) 米動画投稿サイトのユーチューブは29日、当局に承認されたあらゆるワクチンについて、誤った情報を拡散している動画を削除するとの方針を発表した。

ユーチューブがCNN Businessへのコメントで確認したところによると、新たな方針に基づき、ワクチンの誤情報を広めている団体のチャンネルも削除する。この対象には、反ワクチン活動家のロバート・F・ケネディ・ジュニア氏がかかわる反対派グループ「チルドレンズ・ヘルス・ディフェンス基金」のチャンネルも含まれている。

新型コロナウイルスのワクチンに限らず、世界保健機関(WHO)や保健当局が安全性や効果を確認したすべてのワクチンについて、誤情報を投稿したユーザーの動画は削除対象となる。3回繰り返せばチャンネル削除という規定も適用される。

具体的な誤情報としては、「新型コロナのワクチンが自閉症やがん、不妊の原因になる」「追跡用チップが仕込まれている」などの説が含まれている。

ユーチューブにはすでに、新型コロナの治療や予防などを含め誤情報を禁止するルールがある。これに基づいて、8月には共和党保守強硬派のランド・ポール上院議員が、マスクの効果に関するうその主張を展開したとして、1週間の投稿を禁じられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]