手話を音声化するハイテク手袋 UCLAチームが開発

手袋のセンサーで手話を読み取り、スマートフォンに送信される装置が開発された/UCLA

手袋のセンサーで手話を読み取り、スマートフォンに送信される装置が開発された/UCLA

(CNN) 手話で話す人の手の動きをセンサーで把握し、リアルタイムで音声に変換する手袋型の装置を、米カリフォルニア州のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究チームが開発した。

耳の不自由な人が装着し、手話を知らない人と直接コミュニケーションを取るために使うことができる。

手袋はアメリカ手話(ASL)に対応。5本の指に沿ったセンサーで動きをとらえ、単語や文字を識別する。これが無線でスマートフォンに送信され、1秒に1語のペースで音声に変換される。

装置を使えば手話通訳者を介することなく話ができるようになり、独学で手話を学ぶ人の助けにもなると、チームは説明する。今までに開発された手話翻訳機と比べて軽いのが特徴だという。

チームはさらに、手話をする人の眉間や口角にセンサーを張り付け、ASLの要素の一つである顔の表情をとらえる実験も行った。

開発された手袋のデジタル画像/Jun Chen Lab/UCLA
開発された手袋のデジタル画像/Jun Chen Lab/UCLA

研究の成果は電子工学の専門誌ネイチャー・エレクトロニクスに発表された。

米国でASLを使う人は10万~100万人と推定される。同じ英語圏でも、英国で15万人余りが使用するイギリス手話(BSL)とは大きく異なる。世界では7000万人以上のろう者が300種類の手話を使っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]