インスタグラム、動物との記念写真に警告表示

2017.12.05 Tue posted at 13:56 JST

[PR]

サンフランシスコ(CNNMoney) 米インスタグラムは5日までに、トラやコアラとの自撮り写真を閲覧しようとする利用者に対し、野生生物保護の啓発に向けた警告を表示すると発表した。

インスタグラムには、利用者が各地で観光客用に飼育されているトラやライオン、コアラ、イルカと撮った記念写真がよく投稿される。しかし動物保護団体によれば、こうした施設では動物が虐待されているケースが珍しくない。また動物にとって、毎日人間に接することは大きなストレスとなり得る。

そこでインスタグラムは利用者に対し、動物と触れ合う際の配慮を呼び掛けることにしたという。

利用者がコアラやライオンとの自撮りを示す「#koalaselfie」「#lionselfie」、コアラを抱っこする「#koalahugs」、トラに触れる「#tigerpet」などのハッシュタグを使って投稿を検索しようとすると、関連する投稿は動物への有害行為を助長する恐れがあるとの警告が表示される。

トラとの自撮り写真をめぐっては、米動物愛護団体PETAからの要請を受けた出会いアプリのティンダーも今年7月、「密林の王者と並んでポーズを取ってもあなたが王者になれるわけではない」と訴え、プロフィル写真として使わないよう呼び掛けた。

インスタグラムではティンダーと同様、該当の画像が削除されるわけではない。ただし動物虐待や希少動物の売買の場面が写った画像は削除の対象になるという。

インスタグラムはこれまでにも自殺や自傷行為、摂食障害に関連する話題で同様の警告を表示している。

メールマガジン

[PR]