大人気のポケモンGO、追悼施設では「不謹慎」の声

追悼施設などでのプレーには批判の声も上がる

追悼施設などでのプレーには批判の声も上がる

ニューヨーク(CNNMoney) 米国などで6日に先行公開されたスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」で、首都ワシントンにあるホロコースト記念博物館やアーリントン国立墓地などの追悼施設にもキャラクターの「ポケモン」が配置されていることに対し、一部から「不謹慎だ」と抗議の声が上がっている。

ホロコースト記念博物館には、第2次世界大戦中のナチスドイツによるユダヤ人大量虐殺の資料などが展示されている。広報部門の責任者はCNNMoneyへの談話で、「犠牲者のための追悼施設でポケモンGOのゲームをするのは極めて不適切」との見解を示した。

そのうえで、同博物館をゲームから外してもらうよう要請しているところだと述べた。

ワシントン市内ではほかに、戦没者が葬られているアーリントン国立墓地も、「敷地内でのポケモンGOは適切な行為ではない」とツイート。墓地をゲームに使わないでほしいと訴えた。

ポケモンGOは、スマートフォンの画面上で現実世界に重なって現れるポケモンを捕まえるゲーム。サイトには、問題になりそうな場所を報告できるリンクが設定されている。

ポケモンはこのほかにも、ナチスの強制収容所跡地にあるポーランドのアウシュビッツ博物館や、米ロサンゼルスのホロコースト博物館、ニューヨークの同時多発テロ現場に建てられた9.11記念博物館、ワシントンのベトナム戦争戦没者慰霊碑、国立公園内の記念物などに登場しているようだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]