アップル、iPhoneを17年に大幅モデルチェンジか

米アップルが「iPhone(アイフォーン)」のデザインや機能を大幅に刷新か

米アップルが「iPhone(アイフォーン)」のデザインや機能を大幅に刷新か

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」は2017年、両面カーブのボディーや無線充電機能を特徴とするデザインに大幅変更される可能性がある。台湾系のKGI証券でアナリストを務めるミンチ・クオ氏が語った。

クオ氏によると、本体は数年前のiPhone4、4Sと同じガラス仕上げに戻し、表と裏に同じ材料を使う。現行モデルの6sに使われているアルミ合金よりも軽量化しやすくなるという。

また表、裏の両面とも端をカーブさせ、6sよりさらに丸みを帯びた形とする見通しだ。カーブの度合いがどの程度になるかは明らかでない。

画面には従来の液晶ディスプレー(LCD)に代わり、有機ELディスプレーの一種であるAMOLEDを採用。この方式は消費電力が少ないうえに、黒い色はより黒く、白はより白く表示することができる。

大型モデルの画面サイズは6sプラスの5.5インチよりさらに大きく、5.8インチになるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]