ツイッターで人生を棒に振らないための8カ条

6.冗談でもクビになる

冗談にも越えてはならない一線がある。

コメディアンのギルバート・ゴットフリート氏は、2011年の東日本大震災による津波の犠牲者を冗談のねたにして、保険大手アフラックのアヒルの声を降板させられた。

7.ダイレクトメッセージとツイートを混同してはいけない

これはありがちなミスだ。アンソニー・ウェイナー元下院議員はこれで有名になった。ダイレクトメッセージは特定の相手だけに送る電子メールのようなものだ。

ウェイナー氏はダイレクトメッセージを使って自分の下着の中身の写真を1人の女性に送るつもりで、うっかりツイッターの全員に送ってしまった。あとは周知の通り。

8.それでも不安なら「FireMe!」アプリを

このアプリは自分のツイートをチェックして、投稿しても解雇されないかどうかを判別してくれる。確実とはいえないが、助けにはなる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]