超早産で生まれたわが子の成長記録、ネットで人気に 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超早産で生まれたわが子の成長記録

(CNN) 米オハイオ州で出産予定日より3カ月半も早く生まれた男児の成長記録ビデオを、父親がインターネットの動画共有サイト「ビメオ」で公開し、全米から注目が集まっている。赤ちゃんは1歳4カ月を越え元気に育っているという。

父親は写真家のベンジャミン・スコット・ミラーさん。妻のリンゼイさんは昨年7月16日、予定日より15週早くワードちゃんを出産した。夫妻はその夜、医師から「正常に育つ可能性は五分五分」と告げられた。ワードちゃんが生まれた時の身長は30センチ、体重は820グラム。体重は誕生後に一時、650グラムまで減少した。

ベンジャミンさんはこの日から親子がたどった軌跡を撮影。ワードちゃんの退院から1周年を迎える10月31日に間に合うように約7分間のビデオにまとめた。ネットで公開したところ、閲覧回数はあっという間に360万回を突破した。

ビデオには、たくさんの管につながれた生後4日のワードちゃんを、リンゼイさんが初めて抱かせてもらう瞬間が映っている。カメラに向かって笑顔を見せたリンゼイさんが次の瞬間、口元を覆って涙を浮かべる場面もある。生後10日でワードちゃんの脳内に出血が見つかるなど、心配は尽きなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]