米ヤフーCEOが男児を出産

マリッサ・メイヤー氏

マリッサ・メイヤー氏

ニューヨーク(CNNMoney) 米インターネット大手ヤフーのマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)が男の子を出産した。同社が1日に明らかにした。

父親になったメイヤー氏の夫、ザック・ボーグ氏は短文投稿サイトのツイッターで「昨晩男の子が生まれました。母子ともに健康です」と報告。メイヤー氏自身もこの投稿を引用してリツイートした。2人にとって子どもが生まれるのは初めて。

メイヤー氏は、ヤフーのライバルである米グーグルで創業当初から勤務していた従業員の1人。グーグルでの14年間を経て、今年7月にヤフーのCEOに抜擢された。夫のボーグ氏は弁護士で、大量のデータを取り扱うビッグデータ分野の新興企業を対象とする投資ファンドを設立している。

メイヤー氏は最近、ヤフーのユーザー層拡大や人材活用、広告事業の強化などを主眼とする再建計画を発表したばかり。7月に経済誌フォーチュンのインタビューに対し、出産後はできるだけ早く復帰する計画だと述べ、「産休は数週間の予定で、その間もずっと仕事をする」と語っていた。

同氏の発言をきっかけに、ワーキングマザーがキャリアと家庭を両立することの難しさをめぐる論議も巻き起こった。

フォーチュン誌の企業ランキング500社に数えられる大手企業経営者の妊娠、出産はほとんど前例がない。しかしヤフーの取締役会は、同氏の起用を検討する過程で妊娠の事実を知っても揺るがなかったといい、「彼らは進化した思考を示してくれた」とメイヤー氏は語っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]