「呪文」や「魔術」の出品禁止、米イーベイがオークションの新規約

ニューヨーク(CNNMoney) インターネットオークション大手の米イーベイが規約を改訂し、呪文や魔法薬など魔法関連の出品を禁止する方針を打ち出した。

改訂版の規約によれば、同サイトでは9月から、「助言、呪文、呪い、呪術、魔術、魔法、祈り、魔法薬、ヒーリング療法」などの出品ができなくなる。さらに「霊視」「タロットカード占い」の項目も廃止する。

同社はこれについて、「市場での信頼確立と売り手の支援」を目指す取り組みの一環と説明している。

同サイトの「呪文と魔法薬」のコーナーには、現在6000品目以上が出品されている。買い手のコメントも「イーベイで最高の呪術師」「呪文のあとのコミュニケーションが最高」「呪文を4つ買った。すごくお薦め」などの評価が多数ある。

イーベイは年に数度の規約改定で相当数の変更を行っており、今回は呪文や呪術のほかにも、詐欺に利用されることの多い「在宅ワーク&情報」の出品が禁止された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]