独企業が開発の「電動マルチコプター」、有人飛行に成功

(写真提供:e-Volo)

(写真提供:e-Volo)

(CNN)  複数の回転翼で飛ぶヘリコプター「マルチコプター」の開発を進めているドイツの企業「e-Volo」がこのほど、試作機の有人飛行実験に成功した。

試作機には小型の回転翼が16枚付いていて、動力はリチウム電池のみ。ジョイスティック1本で操縦する。重量約80キロの本体に、約80キロまでの物体を搭載することができる。

同国南部の広場で行われた実験では、中央部に開発チームのメンバー1人を乗せ、1分30秒の飛行に成功した。同メンバーは「操縦はとても簡単だった」と話した。

チームでは「さらに飛び続けることも可能だったが、事前に1分30秒と決めていた」と説明する。今回の試作機は原理を立証するのが目的で、来年夏には安全性を考慮した次の試作機を飛ばす計画だという。

同社によれば、マルチコプターには空中タクシーをはじめ、多様な用途が考えられる。空中で静止できることから捜索、救助活動などにも活用しやすく、日常的な交通手段としての普及も期待されるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]