Arts

古代ローマの女神像、マーガリン容器の中から見つかる 英

農家のマーガリン容器の中に保管されていた女神像。古代ローマの遺物であることが判明

農家のマーガリン容器の中に保管されていた女神像。古代ローマの遺物であることが判明

古代ローマの神話に登場する女神ミネルバをかたどった小像が11日、大英博物館で開かれた古美術品に関する年次報告会で紹介された。鉛と銅の合金でできたこの小像は、金属探知機を使って英国の農村を調査していた男性が地元の農家で見つけたもので、マーガリンの容器に入れられて何年も放置されていたという。

小像の起源は、グレートブリテン島の南部が古代ローマの属州だった時代にさかのぼる。元トラック運転手のレン・ジャックマンさん(66)が昨年、イングランド南部のオックスフォードシャーに住む農家の土地を調査しようと許可を求めたところ、農家の男性が「自分の土地から見つかったものだ」といって古いマーガリンの容器の中からこの像を取り出し、見せてくれたという。

容器の中には数枚の金貨も入っていた。ジャックマンさんはそれまでの経験から、これらが古代ローマの遺物ではないかと考えたが、それが確認できたのは専門機関による鑑定が行われた数カ月後のことだった。

大英博物館の広報担当者はミネルバ像について、まだ専門家による検証を受けている段階にあり、金銭的価値は確定していないと説明。「それでもすでに、多くの博物館が所蔵への関心を示している」と述べた。

英国では昨年、この像を含む7万8000点もの考古学的遺物が一般の取り組みによって出土し、大英博物館の運営する古美術品のプログラムに登録された。これらの遺物の9割超は、ジャックマンさんのような金属探知機による調査を趣味とする人々が発見したものだ。

11日の報告会では、イングランド西部シュロップシャーの沼地から引きあげられた金の宝飾品や、ロンドンのテムズ川の岸で見つかった極めて価値の高いランプなども紹介された。

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]