Arts

16世紀の英提督の肖像画、鼻のいぼで本物と判明

英海軍提督の16世紀の肖像画。鼻の付け根のいぼで本物と判明した

英海軍提督の16世紀の肖像画。鼻の付け根のいぼで本物と判明した

(CNN) 英国海軍の提督を描いた16世紀の肖像画について、鼻に描かれたいぼの存在から本物だと判明する出来事がこのほどあった。作品は来月初めに競売にかけられる予定。

制作者不明のこの肖像画は1570年代半ばの作で、同時代の英国の航海者、海軍提督だったフランシス・ドレークを描いたもの。オークションを運営するボナムスのアンドルー・マッケンジー氏によると、第一人者として知られる複数の専門家が真贋(しんがん)の検証に当たったという。

専門家らはドレークの衣服や頭髪、目なども判断材料としたが、決め手になったのは鼻の付け根に描かれたいぼだった。ドレークの他の肖像画について、複製品にはこうしたいぼが見られないとマッケンジー氏は説明する。

フランシス・ドレーク提督の近接位置からの肖像画。作者は不明=Bonhams Auction House提供
フランシス・ドレーク提督の近接位置からの肖像画。作者は不明=Bonhams Auction House提供

以前この肖像画は、ドレークも暮らしていた修道院を改装した邸宅の壁に飾られていた。オークションは来月4日にロンドンで行われる予定で、同作には30万~50万ポンド(約4300万~7200万円)の予想落札価格がついている。

農民出身のドレークは航海者として頭角を現し、1577~80年に英国人で最初の世界一周を達成した。その後は英海軍の提督に任命され、1588年のアルマダの海戦でスペイン艦隊を撃破する功績をあげた。

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]