エリザベス女王の誕生日祝賀行事、メーガン妃の姿も

祝賀行事にメーガン妃の姿も

ロンドン(CNN) 英ロンドンで8日、エリザベス女王の誕生日を祝う公式行事が行われ、女王の孫にあたるヘンリー王子の妻メーガン妃も出産後初めて姿を見せた。

エリザベス女王は4月21日に93歳の誕生日を迎えたが、祝賀行事は毎年6月に開催されている。

バッキンガム宮殿から近衛騎兵練兵場へ向かうパレードには兵士1400人と400人規模の音楽隊、200頭以上の馬が連なり、盛大に行われた。

白い衣装の女王を乗せた馬車の後に、息子のチャールズ皇太子とアンドリュー王子、娘のアン王女や孫のウィリアム王子が馬に乗って続いた。先月第1子のアーチー君を出産したメーガン妃も、ヘンリー王子やウィリアム王子の妻キャサリン妃、チャールズ皇太子の妻カミラ夫人とともに馬車に乗って参加した。

公式行事には、メーガン妃も出産後初めて姿を見せた/Gareth Fuller/AP
公式行事には、メーガン妃も出産後初めて姿を見せた/Gareth Fuller/AP

パレードの後は、バッキンガム宮殿のバルコニーに王室メンバーが勢ぞろいして空軍の祝賀飛行を観覧した。

昨年4月に誕生したウィリアム王子の第3子、ルイ王子もキャサリン妃に抱かれ、空を見上げて手を振る姿が見られた。

メーガン妃は産休で公務を休んでいるが、女王の誕生日祝いには家族の行事として参加したという。キャサリン妃も昨年は産休中だったが、同様にこの祝賀行事には姿を見せた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]