UAE、宇宙飛行士を2019年にISSへ 中東初

UAEが中東諸国では初めてISSへ宇宙飛行士を送り込むことを計画している

UAEが中東諸国では初めてISSへ宇宙飛行士を送り込むことを計画している

(CNN) 中東のアラブ首長国連邦(UAE)が2019年に国際宇宙ステーション(ISS)へ宇宙飛行士を送り込む計画であることがわかった。同国首相やロシアの宇宙機関ロスコスモスなどが明らかにした。

ロスコスモスによれば、UAEの宇宙飛行士1人を19年4月にソユーズ宇宙船を使ってISSでの10日間のミッションに送り込むことについて、モハメド・ビン・ラシド宇宙センターと仮契約を結んだという。最終契約は今年8月末までに結ばれる見通し。

米航空宇宙局(NASA)によれば、今年6月8日時点で世界18カ国から232人がISSを訪れている。これまでのところ中東諸国からの宇宙飛行士は1人もいない。

UAEは今月初めに宇宙飛行士関連のプログラムについて発表を行い、4000人を超える応募者の中から95人に絞り込んだとしていた。75人が男性で20人が女性だという。

引き続き審査を行い、上位候補者4人と補欠2人を選出する。候補者はロシア語をはじめ、ロボット工学の技術や医療関連の知識を身につける。そのうちの1人がISSへと向かうことになる。候補者の選考や準備にロスコスモスも協力する予定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]