トランプ氏への怒り、プーチン氏に吐く 金委員長

トランプ氏への怒り、プーチン氏に吐く

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長とロシアのプーチン大統領が今月25日に初めて実施した首脳会談で、金委員長が非核化交渉や経済制裁解除などでの米国の姿勢への怒りや不満をプーチン氏にぶつけていたことが27日までにわかった。

消息筋が明らかにした。米国のトランプ大統領と金委員長は今年2月末、ベトナム・ハノイで2度目の首脳会談を開いたが非核化の対象範囲や経済制裁の解除問題で対立し、物別れに終わっていた。

一部の通信社は、ロ朝首脳会談で金委員長は米国の姿勢について善意がないと指弾したと報道。朝鮮半島情勢は手詰まり状態に陥り、首脳会談を含めた米朝交渉が始まる前の危険な状態になったと訴えたという。

プーチン氏と金委員長の首脳会談はロシア極東部ウラジオストクで行われていた。消息筋によると、金氏は席上、プーチン大統領に米朝間を仲裁し、米国側に北朝鮮側の立場を伝えるように求めたという。プーチン氏は応じたとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]