軍のスローガンをネタにしたお笑い芸人、所属会社に2億円超の罰金 中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸人が軍をネタに冗談、罰金2億円超 中国

香港(CNN)  中国のお笑い芸人が、人民解放軍を形容するスローガンをお笑いのネタに使ったことをとがめられ、所属する芸能会社が多額の罰金を命じられた。

中国政府が社会環境に対する検閲を厳格化させ、一線を越えたと見なされた芸能人が重いつけを負わされる中で、今回の出来事はお笑い芸人がデリケートな綱渡りを強いられている現実を見せつけた。

お笑い芸人の李昊石(芸名ハウス)さんは13日に北京市内の劇場で行った公演で、中国人民解放軍に関係するフレーズを使ったことから当局に目を付けられた。

李さんの公演は全て中止になり、所属する大手芸能会社は謝罪文を発表した。

北京市文化観光局は17日、同社の子会社に対して米ドル換算で191万ドル(約2億6000万円)相当の罰金を命じ、「不正利益」(李さんが先の週末に行った2回の公演に関係すると思われる)として18万9000ドル相当を没収した。同社の北京での公演は無期限で中止となった。

北京警察は同日夕、李さんの公演は軍に対する「重大な侮辱」であり、「社会的悪影響」を引き起こしたとして、李さんに対する捜査に乗り出したことを明らかにした。

中国では2021年、軍に対する一切の中傷を禁止する法律が制定されていた。

李さんの冗談は一見、罪のない内容だった。

トークショーは、上海に転居して野良犬2匹の里親になったという話から始まっている。

中国のSNS「微博(ウェイボー)」に投稿された音声によると、李さんはある日、リスを追いかける2匹の姿を見ていてあの言葉が思い浮かんだと語り、続いて繰り出したオチが物議をかもすことになった。

李さんが言った「立派な仕事ぶり、戦闘に勝利できる能力」という意味の言葉は、中国共産党が人民解放軍に言及する際に使う有名なスローガンをもじったものだった。

この言葉は軍のトップでもある習近平(シーチンピン)国家主席が13年、軍に求められる資質を打ち出した際に使い始め、以来、さまざまな公式行事や国営メディアで繰り返されている。

北京市当局は17日、李さんの13日の公演について「人民解放軍に対する重大な侮辱に相当する筋書き」が含まれており、「社会的悪影響を引き起こした」と断定。「首都の舞台で企業や個人が人民解放軍の輝かしいイメージを気まぐれに中傷することは許さない。人民の兵士に対する深い感情が傷つけられることは許さない。深刻な主題を娯楽に変えることは許さない」と強調した。

これに先立ち李さんは15日、「私は全責任を負い、公演を全て打ち切って、深く反省し、自分を再教育する」とウェイボーに書き込んで謝罪した。

芸能会社は李さんの活動を無期限で中止させたと発表していた。

ウェイボーのユーザーからは、当局の対応を評価する声や、お笑いに対する取り締まりが一層強まることを懸念する声が上がっている。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「中国」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]