カンヌ映画祭に上半身裸の女性 ウクライナでの性暴力に抗議

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カンヌ映画祭のレッドカーペットに裸の上半身にペンキで青と黄色のウクライナ国旗と「私たちへのレイプをやめろ」という文字を描いた女性が現れた=20日/Daniel Cole/AP

カンヌ映画祭のレッドカーペットに裸の上半身にペンキで青と黄色のウクライナ国旗と「私たちへのレイプをやめろ」という文字を描いた女性が現れた=20日/Daniel Cole/AP

(CNN) フランスで開催中のカンヌ映画祭に20日、上半身裸の女性が乱入し、ウクライナでの性暴力に抗議した。

会場で撮影された動画には、カメラマンらの背後から正体不明の女性が現れる場面が映っている。女性は服を脱ぎ捨ててレッドカーペットに躍り出ると、カメラに向かって叫び始めた。

裸の上半身に、ペンキで青と黄色のウクライナ国旗と「私たちへのレイプをやめろ」という文字を描き、血のような赤いペンキを塗った下着を着けている。

Vianney Le Caer/Invision/AP
Vianney Le Caer/Invision/AP

警備員が女性を取り囲んでジャケットをかぶせ、場外へ誘導した。

仏フェミニズム団体「SCUM」はインスタグラム上で、抗議した女性はメンバーの1人だと発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]