サッカー選手乗せた小型機の墜落事故、飛行手配した被告に有罪評決 英

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サラ選手はイングランド・プレミアリーグのカーディフ・シティへ移籍が決まったばかりだった/LOIC VENANCE/AFP/AFP/Getty Images

サラ選手はイングランド・プレミアリーグのカーディフ・シティへ移籍が決まったばかりだった/LOIC VENANCE/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) フランスから英国へ向かう途中だったサッカーのエミリアーノ・サラ選手(28)を乗せた小型機がイギリス海峡に墜落した2019年の事故で、英カーディフの刑事法院は28日、機体の安全を危険にさらした罪で飛行を手配したデービッド・ヘンダーソン被告に有罪評決を下した。

サラ選手はアルゼンチン出身。当時フランスのサッカーチーム、ナントからイングランド・プレミアリーグのカーディフ・シティへ移籍が決まったばかりだった。

墜落事故は19年1月21日、パイロットのデービッド・イボットソンさん(59)とともにフランス西部のナントから英ウェールズのカーディフに向かう途中に起きた。

サラ選手の遺体は同年2月6日、民間の捜索隊が機体の残骸から回収。イボットソンさんの遺体は見つかっておらず、機体も回収されていない。

ヘンダーソン被告の量刑は11月12日に言い渡される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]