女子選手の不適切映像を放送、国際スポーツクライミング連盟が謝罪

ヨハンナ・フェルバー選手/Rick Bowmer/AP

ヨハンナ・フェルバー選手/Rick Bowmer/AP

(CNN) ロシアの首都モスクワで開催されたスポーツクライミング世界選手権の中継中、オーストリアのヨハンナ・フェルバー選手の臀部(でんぶ)を大写しにした不適切映像が流れる場面あり、国際スポーツクライミング連盟(IFSC)が同選手に謝罪した。

問題の場面は先週末に行われた女子ボルダリング準決勝で発生。複数のメディアの報道によると、大会の放送者がフェルバー選手の臀部を大写しにしたリプレー映像を流した。

IFSCは声明で「人間の体をモノとして扱う行為を非難する」と述べ、再発防止と選手の保護のため一層の対策を講じると表明した。

スポーツクライミングでは6月のワールドカップ(W杯)でもほぼ同様の出来事が起きており、IFSCのホスト放送局を務めるオーストリア放送協会(ORF)がフェルバー選手の不適切な映像を流し、謝罪していた。

フェルバー選手は当時、ソーシャルメディア上で声明を発表。恥ずかしい気持ちになったと述べ、「女性スポーツ選手を性的対象として扱うのをやめ、そのパフォーマンスを評価する」よう求めていた。

ロシアでの今回の出来事を受けたフェルバー選手のコメントは得られていないものの、IFSCのマルコ・スコラリス会長は、同じ誤りを繰り返すのはやめなければならないと強調した。

スポーツクライミングは今年の東京五輪で五輪競技に初採用され、大きな人気を呼んだ。

現在は世界選手権の模様がユーチューブ上でライブ配信されており、数万人の視聴者を集めている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]