IOC前会長のジャック・ロゲさんが死去、79歳

IOC前会長のジャック・ロゲさんが死去。写真は18年冬季五輪前の第132次IOC総会に出席時に撮影/Sergei Bobylev/TASS/Getty Images

IOC前会長のジャック・ロゲさんが死去。写真は18年冬季五輪前の第132次IOC総会に出席時に撮影/Sergei Bobylev/TASS/Getty Images

(CNN) 国際オリンピック委員会(IOC)は29日、IOC前会長のジャック・ロゲさんが亡くなったと発表した。79歳だった。

ロゲさんは2001~13年、IOC会長を務め、6つの大会に携わったほか、ユース五輪を創設した。

IOCのトーマス・バッハ会長は声明で、ロゲさんについて、スポーツを愛し、選手と一緒にいることを愛したと振り返った。

ロゲさんはベルギー出身で、ラグビーで同国代表となったほか、ヨットの選手として1968年のメキシコ五輪、72年のミュンヘン五輪、76年のモントリオール五輪に参加した。

ロゲさんはベルギー・オリンピック委員会や欧州オリンピック委員会で会長を務めた後、2001年に前任のフアン・アントニオ・サマランチさんからIOC会長職を引き継いだ。

会長職を退いた後は名誉会長に就任した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]