サッカー・ブラジル代表、南米選手権を非難 大会には「参加」

パラグアイとの試合に臨むブラジル代表の選手ら=8日、パラグアイ/Christian Alvarenga/Getty Images

パラグアイとの試合に臨むブラジル代表の選手ら=8日、パラグアイ/Christian Alvarenga/Getty Images

(CNN) 南米ブラジルのサッカー代表の選手とスタッフは9日、SNSに書簡を投稿し、コパ・アメリカ(南米選手権)を主催する南米サッカー連盟(CONMEBOL)を非難した。ただし、大会には参加するとしている。

南米で最大規模のサッカーの大会は今月13日に開幕の予定。

投稿された書簡で、「我々は団結した集団だが、異なる考えを持っている」と指摘。人道上あるいは職業上といったさまざまな理由から、CONMEBOLによるコパ・アメリカの実施について、後にチリで開催されようがブラジルで開催されようが納得できないと述べた。

最近の事実をすべてかんがみて、大会の実現に向けてはプロセスが不十分だとみているとも述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]