ロシア人テニス選手のシジコワ、八百長の疑いで拘束 全仏オープン

全仏オープンに出場していたロシアのヤナ・シジコワ選手が八百長の疑いで拘束された/Manfred Binder/GEPA/Zuma

全仏オープンに出場していたロシアのヤナ・シジコワ選手が八百長の疑いで拘束された/Manfred Binder/GEPA/Zuma

(CNN) 今年のテニス全仏オープンに出場していたロシアのヤナ・シジコワ選手が3日夕、不正や詐欺の疑いで身柄を拘束された。フランス法執行当局の情報筋2人がCNNに明らかにした。八百長で故意に試合に敗れた疑いが持たれている。

パリ検察によると、逮捕容疑は「2020年9月に実行された可能性がある行為に関し、スポーツ不正や組織集団による詐欺」に及んだ疑い。

パリの警察高官によると、シジコワ選手は3日、全仏オープンの女子ダブルス1回戦で敗れた直後に身柄を確保された。

八百長が疑われているのは昨年の全仏オープンで、ダブルスの試合で故意に敗れた疑いがあるという。

CNNはシジコワ選手の代理人にコメントを求めている。テニスの不正を調査する団体「インターナショナル・テニス・インテグリティー・エージェンシー」は、本件はフランス警察の所管事項だと述べた。

ロシアテニス連盟は国営タス通信に対し、現在は拘束に関する書類の到着を待っているところだと説明。タス通信によると、在仏ロシア大使館はシジコワ選手の権利の保護に必要な措置を取っているという。

フランステニス連盟は拘束の事実を確認したものの、捜査が進行中であることを理由に、これ以上はコメントできないとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]