俳優ジェラール・ドパルデュー氏の強姦容疑、仏当局が正式捜査

フランス当局が、性的暴行の容疑をめぐりジェラール・ドパルデュー氏に対して捜査を行っている/THIERRY ROGE/AFP/AFP/Getty Images

フランス当局が、性的暴行の容疑をめぐりジェラール・ドパルデュー氏に対して捜査を行っている/THIERRY ROGE/AFP/AFP/Getty Images

パリ(CNN) フランスの有名俳優ジェラール・ドパルデュー氏が若手女優を強姦し、性的暴行を加えたとの疑惑を、仏当局が昨年12月から正式に捜査していることが分かった。司法筋がCNNに確認した。

情報筋によると、この女優は2018年夏に同氏から数回にわたり、強姦と性的暴行の被害を受けたと主張している。

同氏の弁護士がCNNに語ったところによると、本人は一切の犯罪行為を否定し、推定無罪の原則を強調している。弁護士によれば、この件の捜査は昨年6月にいったん取り下げられていた。

パリ検察によれば、ドパルデュー氏は2018年、強姦と性的暴行を受けたとする22歳の女性に告訴され、予備捜査の対象となった。

同弁護士は当時、ドパルデュー氏が衝撃を受け、犯行を否定していると述べた。同氏の主張として、告訴した女性を知っているが、犯行があったとされる日時には会っていないとも話していた。

同氏は「グリーン・カード」「仮面の男」「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」などの映画に出演。「シラノ・ド・ベルジュラック」で主役を演じ、1991年のアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた。

仏政府による富裕層への増税に抗議して国籍放棄を表明し、ロシア国籍を取得したことでも話題になった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]