大坂なおみ、セリーナ・ウィリアムズ破り決勝進出 全豪OP

大坂なおみがセリーナ・ウィリアムズを破り、決勝進出を果たした/Brandon Malone/AFP/Getty Images

大坂なおみがセリーナ・ウィリアムズを破り、決勝進出を果たした/Brandon Malone/AFP/Getty Images

(CNN) テニスの四大大会の第1戦、全豪オープンは18日、メルボルンで、女子シングルス準決勝が行われ、大坂なおみ(23)がセリーナ・ウィリアムズ(39)=米国=を6―3、6―4で破り、決勝進出を果たした。

注目を集める試合が行われたロッド・レーバー・アリーナには5日間にわたるロックダウン(都市封鎖)の終了を受けて多くの観衆が駆け付けた。

大坂が全豪オープンで決勝に進出するのは2回目。公式戦での連勝も20に伸ばした。大坂が最後に負けたのは昨年2月だった。

大坂は勝利後、ウィリアムズと対戦するためにコートに立つことは自分にとっての夢だと振り返った。

ウィリアムズは試合後、大坂をハグし、コートを去る際には観客に手を振り、左胸の上に手を乗せた。

大坂は2019年の全豪オープンで優勝している。大坂のウィリアムズとの対戦成績はこれで3勝1敗となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]