全豪オープン選手ら600人隔離、ホテルのスタッフが新型コロナ陽性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グランドハイアットホテルの建物の前を歩く男性=4日、豪州メルボルン/Loren Elliott/Reuters

グランドハイアットホテルの建物の前を歩く男性=4日、豪州メルボルン/Loren Elliott/Reuters

(CNN) テニスの全豪オープン開幕が4日後に迫ったオーストラリア南東部ビクトリア州のメルボルンで、ホテルに勤務していたスタッフ1人が新型コロナウイル検査で陽性と判定されたことを受け、選手や大会関係者など最大で600人が隔離を強いられる事態になった。

ビクトリア州のダニエル・アンドルーズ州首相は3日、大会関係者の宿泊支援スタッフを務めていたボランティア消防士の男性(26)が、新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたことを明らかにした。

同州ではそれまで28日の間、地元での感染が確認されていなかった。

同州の住民670万人に対しては、屋内や公共の場でのマスク着用義務付けや、家庭内で集まることのできる人数の制限など、新たな規制が導入された。

今回確認された症例は、新しい変異種によって引き起こされた可能性もあるとアンドルーズ首相は指摘。ただし、それを判定するために必要なゲノム解析はまだ終わっていないと説明した。

この男性がグランドハイアットホテルで最後に勤務したのは1月29日で、その日の勤務を終えた時点の検査では陰性だった。しかしその後症状を発症し、2月3日に陽性反応が出た。

このため同ホテルに滞在していた500~600人は「濃厚接触者」とみなされ、検査で陰性が確認されるまで隔離が必要になった。

アンドルーズ首相は、8日に開幕する全豪オープンには影響は出ないはずだとの見通しを示している。

今回の大会では、ビクトリア州に到着した選手たちに対して14日間の隔離が義務付けられていた。

選手72人については、搭乗機の乗客数人に陽性反応が出たことからホテルの部屋を出ることができず、練習もできない状態にある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]