BTSメンバーの兵役延期が可能に、韓国国会が法改正案を可決

男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」。韓国で法改正が行われ、兵役の義務について30歳まで延期できることになった/Big Hit Entertainment/AMA2020/Getty Images

男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」。韓国で法改正が行われ、兵役の義務について30歳まで延期できることになった/Big Hit Entertainment/AMA2020/Getty Images

(CNN) 韓国の国会で1日、ポップスターらの兵役延期を認める法改正案が可決された。男性アイドルグループ「BTS(防弾少年団)」のメンバーも兵役を先送りできることになった。

韓国の法律では原則として、健康な男性は28歳までに入隊し、18カ月間の兵役に就くことが義務付けられている。

これまでは一流の芸術家やスポーツ選手、クラッシック音楽のコンクールで優勝するような音楽家らに限り、特例として兵役免除などが認められていた。

今回の法改正で、BTSのように大衆文化や芸術の分野で活躍している場合も30歳までの期限延長が可能になった。今後は個別のケースについて、大統領令で判断が示される。

BTSの最年長のメンバー、ジンさんは4日に28歳の誕生日を迎える。法改正がなければ年内には入隊する必要があった。

BTSは8月に発売した「ダイナマイト」で米ビルボードのシングルチャート「ホット100」初登場1位の快挙を達成し、先月にはグラミー賞候補にも選ばれた人気グループ。メンバーの兵役による活動への影響が注目されていた。

韓国の男性アイドルグループでは「ビッグバン」のリーダー、G―ドラゴン(ジードラゴン)さんらが昨年、兵役を終えて復帰している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]