デモ隊に倒された奴隷商人の像、バンクシーから代替案

奴隷商人の像、デモで引き倒される 英ブリストル

(CNN) 覆面アーティストのバンクシーが英国でデモ隊に倒された像の代わりに、その場面自体を再現した像を建てようと提案している。

米国で始まった黒人差別への抗議デモが世界各地に拡大し、イングランド南西部の都市ブリストルでは7日、デモ隊が奴隷商人の像をロープで引き倒した。現場では歓声が上がったが、この行動を批判する声も出ている。

ブリストル出身とされるバンクシーはインスタグラム上で、川に沈んだ像を引き揚げ台座に戻すことを提案。像の首にケーブルを巻き付け、倒そうとする人々の姿も等身大のブロンズ像で再現すれば、「それでだれもが満足。かの日を記憶に残せる」と書き込んだ。

像は1895年に建てられたが近年は批判の声が強まり、撤去を求める運動も起きていた。

バンクシーは先日、抗議デモへの支持を示す新作の絵画も公開した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]