ラグビーW杯 アイルランドがロシアに快勝、A組の首位に

試合開始早々に先制トライを決めるアイルランドのフルバック、ロブ・カーニー/FILIPPO MONTEFORTE/AFP/AFP via Getty Images

試合開始早々に先制トライを決めるアイルランドのフルバック、ロブ・カーニー/FILIPPO MONTEFORTE/AFP/AFP via Getty Images

(CNN) ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会は3日、1次リーグの試合が行われ、A組のアイルランドがロシアを35-0で下した。

神戸で行われたこの1戦、前の試合で日本に敗れたアイルランドは決勝トーナメント進出に向け必勝態勢で臨む。序盤から積極的に仕掛けると、開始15分で2本のトライを奪って流れをつかんだ。

その後はロシアの粘り強い守備と汗でボールが滑ることによるミスに苦しんだものの、着実にトライを重ね、ボーナスポイント獲得の条件となる4トライ以上をクリア。守りでも強さを発揮してロシアに得点を許さなかった。

これでアイルランドの勝ち点は11となり、暫定で日本を抜いてA組の首位に立った。一方、3試合を終えて勝ち点0のロシアは、決勝トーナメント進出の条件となる2位以内に入る望みを絶たれた。

同日、大阪で行われたD組によるもう1つの試合は、フィジーがジョージアを45-10で破った。ここまで2連敗のフィジーだったがこの日は7本のトライを奪う快勝でボーナスポイントも獲得。勝ち点7でD組の暫定2位に浮上した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]