オリビア・ニュートン・ジョン、がん転移でツアーを延期

オリビア・ニュートン・ジョンが、がん転移を受けてツアー延期を発表

オリビア・ニュートン・ジョンが、がん転移を受けてツアー延期を発表

(CNN) 人気歌手のオリビア・ニュートン・ジョンさん(68)は1日までに、がんの転移を明かし、6月に予定していた米国、カナダでのコンサートツアーを延期すると発表した。

ニュートン・ジョンさんは5月、背中の痛みを理由にツアーの前半を延期していた。フェイスブックの公式ページによると、この痛みは1992年に診断された乳がんが、骨盤の中央にある仙骨に転移したのが原因だったことが分かった。

自然療法に加えて短期の放射線治療を受け、今年中には復帰できることを確信しているという。新たなコンサート日程は、数週間のうちに公式サイトで発表される予定だ。

乳がんの診断を受けた時は化学療法と乳房の部分切除手術を経て、完治と宣言されていた。

闘病をきっかけに、乳がんに関する啓蒙(けいもう)活動に取り組んできた。オーストラリア・メルボルンには、ニュートン・ジョンさんの名が付いたがんセンターもある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]