「セサミストリート」で小学校の成績向上 米研究

「セサミストリート」の視聴で学力が向上するとの論文が発表された

「セサミストリート」の視聴で学力が向上するとの論文が発表された

ニューヨーク(CNNMoney) 人気テレビ番組「セサミストリート」を見ている子どもは小学校の成績が伸びる傾向がある――。そんな研究論文を2人の経済学者が発表した。

論文は米ウェルズリー大学と米メリーランド大学の経済学者が共同で執筆した。それによると、セサミストリートを見ている子どもの中でも、特に男の子とアフリカ系米国人および低所得層の子どもは、成績の伸びる率が最も高かったという。

ウェルズリー大学のフィリップ・レバイン教授は、「セサミストリートは年間わずか数ドルのコストで幼少期の子どもに影響を与えられる最大かつ最も手頃な手段かもしれない」と指摘する。

セサミストリートは1969年11月10日から放送が始まった米国でも有数の長寿番組。放送開始当時から大ヒットを記録し、71年までに就学前の子どもの約40%が視聴したという推計もある。

初期のセサミストリートはVHFとUHFの両チャンネルで放送された。ただ、UHFしか視聴できなかった世帯は受信状態が悪く、番組を見ていなかった可能性が大きい。

論文では受信状態が良かった地域と悪かった地域の子どもの成績も比較。その結果、受信状態がいい地域の子どもの方が、小学校の成績も良かったことが分かった。

別の要因を考慮しても、毎日1時間セサミストリートを見るかどうかで60年代後半~70年代初めにかけての子どもの成績に差が出ていたことが判明。現代でもインターネットの教育番組には同じような効果があるかもしれないと解説している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]