ファンがコート内で「自撮り」を要求 フェデラーが苦言

男子テニスのロジャー・フェデラー選手。全仏オープンの試合後に少年が撮影目的でコート内へ進入した出来事を受け、警備体制の不備に苦言を呈した

男子テニスのロジャー・フェデラー選手。全仏オープンの試合後に少年が撮影目的でコート内へ進入した出来事を受け、警備体制の不備に苦言を呈した

(CNN) 24日に行われたテニスの全仏オープン・男子シングルス1回戦、ロジャー・フェデラー選手(スイス)の試合でファンの少年がセンターコート内に進入し、「自撮り」写真を撮影しようとする出来事があった。フェデラー選手は試合後、報道陣を通してセキュリティー体制に苦言を呈した。

報道によれば、進入したのは10代の少年。コートを去ろうとするフェデラー選手に近寄り、自分の腕を同選手の肩に回して自撮り写真を撮ろうとした。

今回の出来事は、フランスにおけるセキュリティー体制への懸念を改めて浮き彫りにした。同国では1月、風刺週刊紙シャルリー・エブドの本社が襲撃され11人が死亡する事件が起きている。

フェデラー選手は試合後、報道陣に対し、「不快だった。少しもうれしいとは感じなかった」と話した。前日の練習中にも子どもたちが同様の行為に及んでいたという。

同選手はまた、「早急に何か対策を立てるべきだ。普段は自分のことしか話さないが、こういう状況では全選手を代表して発言しなくてはならない。安全なところで仕事をしたいと思うのは当然だろう」と訴え、セキュリティーの改善を強く求めた。

大会主催者は記者会見を開き、シャルリー・エブド事件以来、セキュリティー対策は強化されてきたと強調。「我々はミスを犯した。再発防止に努める。ただセキュリティー体制を変更する理由はない。見通しが甘かっただけだ」と説明した。

全仏オープンを巡っては、2013年の決勝でも、試合前に抗議者がコートに進入。たいまつを持って走り回り、セキュリティー関係者に取り押さえられる騒ぎがあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]