写真特集:人間と野生生物の接触、世界各地で増加

ドイツでは100年以上前にオオカミが絶滅したが、最近になって再び生息数が増えつつある。保護活動家からは称賛の声も出ているが、家禽などが狙われる危険性も増えている/David Ebener/DPA/AFP/Getty Images

ドイツでは100年以上前にオオカミが絶滅したが、最近になって再び生息数が増えつつある。保護活動家からは称賛の声も出ているが、家禽などが狙われる危険性も増えている/David Ebener/DPA/AFP/Getty Images

インドではゾウの生息地である森の減少などの影響でゾウと人間が接触する機会が増加している。インド以外でも人間と野生動物が接触する機会が増えている

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]