写真特集:京都発、古木が蘇る魅惑の「コロニー」

京都在住の植栽家、村瀬貴昭氏(37)のアトリエには、20個ほどの大小さまざまなテラリウムが天井からぶら下がっている。透明なガラスの球体の中にあるのは、古い木などをリプラント(植え替え)した非常に小さな「生態圏」だ。村瀬氏は自身の作品を米国の物理学者ジェラード・K・オニールが描いた宇宙植民地化構想にちなんで「スペースコロニー(宇宙植民地)」と呼ぶ

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]