カタルーニャ独立投票にロシアから干渉、スペイン政府が「確認」

カタルーニャ独立投票にロシアから干渉か

2017.11.14 Tue posted at 11:30 JST

(CNN) スペイン政府は13日、カタルーニャ州の独立問題を巡り、ロシアを拠点とする集団がソーシャルメディアを使って独立の是非を問う住民投票に関するデマを流していた痕跡があると明らかにした。

欧州連合(EU)外相理事会に出席するためベルギー・ブリュッセルを訪れたスペインの閣僚2人は今回、スペインの不安定化を狙った「宣伝キャンペーン」が、ロシアとベネズエラから仕掛けられていたと説明。ダスティス外相は、ロシアから住民投票に干渉しようとする動きがあったことを確認したと言明した。

ただ、デコスペダル国防相は、ロシア政府が関与していたかどうかは「確言」できないと述べている。

カタルーニャ州で10月1日に実施された住民投票は、スペイン軍と有権者の衝突に発展。その後ソーシャルメディアでは、「EU当局者がカタルーニャの暴力を支持」「世界の大国が欧州での戦争に備えて準備」といった偽ニュースが出回った。

ダスティス外相によると、偽ニュースのリンクをたどったところ、ロシアに本部のあるネットワークにたどり着いた。スペイン当局が発見したソーシャルメディアのアカウントのうち、正規のアカウントは3つのみで、「残りは不正確な情報の流布を狙って開設された偽アカウントだった」という。12月21日に実施される州議会選挙の前後にも同じような情報が出回る可能性があるとしている。

メールマガジン