340年前に沈没した英軍艦「HMSグロスター」を発見、未開封のワインボトルも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沈没した英軍艦「HMSグロスター」の大砲の長さを計測/Norfolk Historic Shipwrecks

沈没した英軍艦「HMSグロスター」の大砲の長さを計測/Norfolk Historic Shipwrecks

(CNN) 後の英イングランド王ジェームズ・スチュアートを含む約330人を乗せて1682年5月6日に座礁、沈没した軍艦「HMSグロスター」。それから340年の時を経て、イングランド沖に眠る同艦の沈没場所が初めて明らかになった。

HMSグロスターは沈没時に艦体の半分が海底に埋まっていた。乗船者の正式な名簿はないが、乗組員を含む130~250人が溺死(できし)したと推定されている。

スチュアートも危うく命を落とすところだったが難を逃れ、約3年後にイングランド王ジェームズ2世、スコットランド王ジェームズ7世として戴冠した。

オランダの画家が描いた「ヤーマス沖のグロスターの難破」/Royal Museums Greenwich/Wikimedia Commons
オランダの画家が描いた「ヤーマス沖のグロスターの難破」/Royal Museums Greenwich/Wikimedia Commons

英イーストアングリア大のクレア・ジョウィット教授(英文学・歴史学)は声明で「沈没時の状況を踏まえると、これは軍艦メアリー・ローズの1982年の引き揚げ以来、最も重要な海事上の発見と言えるだろう」と述べた。

服や靴、航法装置、海軍の装備品などの遺物はすでに回収され、保存作業が行われた。ワインボトルも多数見つかり、その中には未開封のものもあった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]