シロナガスクジラの成体襲うシャチの群れ、捕食の現場を初観察 オーストラリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャチの群れがシロナガスクジラの成体に襲いかかって捕食する様子が記録された/CETREC

シャチの群れがシロナガスクジラの成体に襲いかかって捕食する様子が記録された/CETREC

(CNN) オーストラリアでシャチの群れがシロナガスクジラの成体に襲いかかって捕食する様子が初めて記録されたとして、研究チームが学術誌に研究結果を発表した。

この様子は2019年3月、西オーストラリア州沿岸のブレマー湾で目撃された。それとは別に、同じ海域で19年と21年にも、シロナガスクジラの子クジラがシャチに捕食された。

シャチがシロナガスクジラを襲って重傷を負わせた事例は過去にも報告されていたが、大人や子どものクジラが殺される事例はこれまで確認されていなかった。

別名「キラーホエール」とも呼ばれるシャチは、20分にわたってこの獲物を襲い続け、クジラは身を守ろうと尾を打ち付けていた。

  
      

大人のシロナガスクジラは19年3月、調査団が発見した時点で12~14頭のシャチに襲われていて、深い傷を負い、口先の骨が露出していた。傷跡から判断すると、背びれも大部分が食いちぎられていた。

調査団が発見してから1時間以内にクジラが死ぬと、死骸を餌にするシャチの数はさらに増え、合計で約50頭になった。調査団が現場を離れた時点でまだ30頭ほどが死骸を餌にし続けていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]