人類のタバコ使用は1万2000年以上前から、石器時代の遺跡で種が出土

現代のダバコの種。人類がタバコを使い始めたのは約1万2000年前だった可能性があるとの研究結果が発表された/Tammara Norton

現代のダバコの種。人類がタバコを使い始めたのは約1万2000年前だった可能性があるとの研究結果が発表された/Tammara Norton

タバコの種にニコチンは含まれていない。しかし種の存在は、当時の人類が中毒作用のある葉や茎を扱っていたことをうかがわせる。

タバコは恐らく植物繊維を丸めたものをかんだり吸ったりしていたと思われ、種は火の中に吐き出していたと研究者は推測する。こうした繊維の塊は、この地域の洞窟から見つかっている。

これまでは喫煙パイプに残っていたニコチンの痕跡から、北米で最も早くタバコが使われたのは3000年前ごろと推定されていた。

しかし今回の発見によって、人類がその何千年も前からタバコを使っていたらしいことが判明。農耕が始まるずっと前から、人類は自分たちにとって役に立つ植物で「遊んでいた」らしいとデューク氏は推測している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]