2500万年前のワシの希少な化石発見、餌はコアラ 豪州

ワシ形の猛禽類としては世界最古の種のものとみられる化石が豪州で発見された/Courtesy Jacob Blokland/Flinders University

ワシ形の猛禽類としては世界最古の種のものとみられる化石が豪州で発見された/Courtesy Jacob Blokland/Flinders University

(CNN) 古生物学者の研究チームは27日、2500万年前のオーストラリア南部に生息し、コアラを餌としていたワシのほぼ完全な化石を発見したと明らかにした。専門家によると、保存状態が良いことから非常に希少な発見と言えるという。

査読誌ヒストリカル・バイオロジーに発表された研究結果によると、新たに見つかった種は「アルカエヒエラクス・シルベストリス」という学名で、ワシ形の猛禽(もうきん)類としては世界最古の種のひとつ。豪フリンダース大学の古生物学者が2016年3月に南オーストラリア州のピンパ湖を調査で訪れた際、内陸部にある農場で化石を発掘した。

アルカエヒエラクスは漸新世(3390万~2300万年前)のオーストラリアに生息していたことが知られるワシとしては最大とされる。ただ、西オーストラリア博物館によると、同国の猛禽類で最大の体長を誇るオナガイヌワシに比べると小型で細身だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]