愛犬盗んだ女性を告訴せず、代わりに薬物治療の費用を負担 カナダ男性

ブレイデン・モートンさんと愛犬の「ダーラ」/Courtesy Kyle Sanguin

ブレイデン・モートンさんと愛犬の「ダーラ」/Courtesy Kyle Sanguin

(CNN) 薬物中毒は5年もの間、ブレイデン・モートンさん(35)を打ちのめした。フェンタニル中毒からの脱出は、16回試みた末に、ようやく成功した。

だから愛犬の「ダーラ」を盗んだ女性がフェンタニル中毒だと知ったとき、モートンさんが選んだのは、女性のリハビリ費用を負担して、人生を救う手助けをすることだった。

ダーラは3歳のメスのチャイニーズ・シャーペイ犬。先月、モートンさんがカナダのブリティッシュコロンビア州クランブルックの自宅で仕事をしていると、自宅のゲートが開く音がして、大きな物音が聞こえた。

窓から外を見ると、デッキに寝そべって日なたぼっこをしていたダーラの姿が消えていた。急いで階段を駆け下りて外に出ると、青いトラックが走り去るのが見えたという。

ダーラを盗まれて人生が止まったとモートンさんは言う。ダーラを見つけ出すこと以外、何も考えられなくなった。

CNNの取材に応じたモートンさんは、「もう取り戻すことも、再会することもできないかもしれないと思った」と涙をこらえ、「闘犬にされるかもしれないし、もっと悪いことが起きるかもしれないと考えた。彼女を永遠に失ってしまったと思った」と振り返った。

すぐに警察に通報すると、SNSで捜索を開始するよう助言された。5000ドル(約55万円)の報酬を約束してフェイスブックで情報の提供を募ったところ、何千件もの情報が寄せられたが、ほとんどは賞金目当ての中身のない情報だった。

しかし1件だけ有望な情報があった。同じモデルの青いトラックが自動車店の駐車場に止まっていて、中に犬がいるのを見たという女性からの情報だった。

すぐに駆け付けたモートンさんだったが、このトラックの中にダーラはいなかった。

しかし翌日、非通知の番号からの電話があった。「電話に出ると、若い女性が泣いているような声がした」「この人がダーラを持っていると直感した。私は怒っていないと彼女に告げ、賞金をつかむと彼女の所へ行った」

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]