12歳少年、チェスのグランドマスターに 史上最年少

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
史上最年少でチェスグランドマスターの称号を獲得したアビマニュ・ミシュラさん(12)/From Mishra Family/US Chess

史上最年少でチェスグランドマスターの称号を獲得したアビマニュ・ミシュラさん(12)/From Mishra Family/US Chess

(CNN) ハンガリーのブダペストで開かれたチェスの国際大会で、米ニュージャージー州のアビマニュ・ミシュラさん(12)が史上最年少でチェス最高位のグランドマスターの称号を獲得した。

対局が行われた6月30日のミシュラさんの年齢は12歳4カ月と25日。それまでの史上最年少記録保持者だったロシアのセルゲイ・カリヤキンさんがグランドマスターになったのは12歳7カ月の時だった。

チェスのグランドマスターになるためには、大会で高い成績を収めた人に授与されるGMノームを3回獲得することに加え、国際チェス連盟(FIDE)のランキングに基づき2500Eloレーティングを達成する必要がある。

ミシュラさんはブダペストの大会で、グランドマスターのレオン・メンドンカさんを破って3回目のノームを獲得した。2500Eloレーティングは6月の時点で既に突破していた。

ツイッターへの投稿でミシュラさんは、「ついに私を14カ月間押しとどめていた最大の敵(今も続くパンデミック)を打ち破りました。皆さんの愛情と応援に感謝します。ワールドカップが楽しみです」とコメントしている。

ミシュラさんは7歳の時に米チェス連盟最年少のエキスパートになり、9歳で最年少の全米マスターに、10歳9カ月と20日で史上最年少のインターナショナルマスターになった。

カリヤキンさんは2002年にグランドマスターの称号を獲得。史上最年少の記録はこれまで19年間、破られなかった。16年のワールドチャンピオンシップ大会ではマグヌス・カールセンさんに挑戦して敗れている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]