世界一長い爪を持つ女性、約30年ぶりに爪を切る 米

世界最長の爪を持つ女性が約30年ぶりに爪を切った/From Guinness World Records

世界最長の爪を持つ女性が約30年ぶりに爪を切った/From Guinness World Records

(CNN) 世界で最も長い爪を持つ米テキサス州在住の女性がこのほど、約30年ぶりに爪を切った。これでようやく、爪の心配をせずにドアを開けることができそうだ。

同州ヒューストンに住むアイアナ・ウィリアムスさんは2017年、爪の長さが5.8メートル近くになり、当時の世界最長ギネス記録を更新した。この時、爪の手入れにはマニキュア液のボトル2本以上を使って20時間かかっていた。

先週末に爪を切ってもらう前に最後に測定したところ、爪の長さは約7.3メートル。ここまでくると、マニキュア塗布にはボトル3~4本で数日かかる。

ウィリアムスさんは今回、テキサス州フォートワースの皮膚科医院で、電動回転機によって爪を切る処置を受けた。爪を切るのは1990年代の初め以来だった。

ギネス・ワールド・レコーズによると、ウィリアムスさんは「爪があってもなくても私は女王」「爪が私を作るのではなくて、私が爪を作るのだから」と語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]