子どもと離れ離れになった母グマ、湖を泳いで決死の救出 消防が映像公開

子どもと離れ離れの母グマ、湖を泳いで救出

(CNN) 米カリフォルニア州のタホー湖で、3頭の子グマと離れ離れになった母グマが、湖を泳いで子グマを1頭ずつ救出する出来事があった。地元の消防局がこのほど、動画をフェイスブックに投稿した。

タホー湖南消防署によると、今月3日、マリーナに迷い込んだクマの親子が離れ離れになったという通報があり、救急隊が現場に駆け付けた。

しかし救急隊が現場に到着する前から、母グマは子グマたちの救出作戦を開始していた。

母グマは子グマに呼びかけて1頭ずつ水に飛び込ませ、一緒に寄り添って泳ぎながら、3頭とも無事に反対側の岸に上陸させた。

消防署のフェイスブックに掲載された動画には、母グマが子グマを促して水に飛び込ませ、自分の背にしがみつかせて反対側の岸に泳ぎ着くと、子グマを背に乗せたまま岸にはい上がる様子が映っている。

「母グマは3頭の子どもを全て自分で助けようと、必死に泳ぎ続けた」と消防署は伝えている。

With Mother’s Day quickly approaching, we feel like sharing a story of a mother bear and her three cubs that have come out into the community today and ended up in the keys marina. The mother bear was determined to save all three of her cubs herself and ensure that they see tomorrow by continually swimming each one to safety! Firefighters were called to the scene for a separated cub that the mother was able to coax into the water and swim it to safety.

South Lake Tahoe Fire Fighters Associationさんの投稿 2020年5月3日日曜日

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]