トイレットペーパーがクレーンゲームの景品に 英ゲームセンター

クレーンゲームの景品にトイレットペーパーと手指消毒剤を提供/Rob Braddick

クレーンゲームの景品にトイレットペーパーと手指消毒剤を提供/Rob Braddick

(CNN) 新型コロナウイルスに対する不安からトイレットペーパーなどを買いだめする動きが世界中で広がる中、クレーンゲームの景品としてトイレットペーパーや手指消毒剤を提供するゲームセンターが英イングランドに登場した。

トイレットペーパーキャッチャーのクレーンゲームに挑戦できるのは、実業家のロブ・ブラディック氏(48)がイングランド南西部のデボンで経営するゲームセンター。普段入れている縫いぐるみなどの玩具に代わって、トイレットペーパーと手指消毒剤を景品とした。

トイレットペーパーをつり上げるクレーンゲームは、50ペンス(約70円)で3回挑戦できる。手指消毒剤キャッチは1ポンドで1回の挑戦が可能。

トイレットペーパーのゲームは50ペンスで3回挑戦できる/Rob Braddick
トイレットペーパーのゲームは50ペンスで3回挑戦できる/Rob Braddick

このアイデアは、不安を感じている人たちを楽しませたいという思いから生まれたといい、「これで笑いを誘いたい。それこそ誰もが必要としていることだと思う」とブラディック氏は語る。

ブラディック氏のゲームセンターには、休暇中も海外旅行には出かけずに英国内にとどまりたいという人からの電話が相次いでいるという。

手指消毒剤キャッチは1ポンドで1回の挑戦が可能/Rob Braddick
手指消毒剤キャッチは1ポンドで1回の挑戦が可能/Rob Braddick

従業員には30分ごとに手を洗うよう指示していると同氏は言い、現金を扱うゲームセンターにとって、それは特に大切だと話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]