雪合戦禁止の条例、9歳少年が声を上げ改正 コロラドの町

雪合戦禁止の条例、9歳少年が声上げ改正

(CNN) 米コロラド州の小さな町で、雪合戦を禁止する条例があることを知った少年が改正を求める運動を起こし、このほど合法化に成功した。

州都デンバーから北へ約100キロ離れた町シビアランスに住むデーン・ベスト君(9)は、この「へんてこな」条例に抗議する住民らの書簡や署名を集め、3日の町議会で改正を訴えた。

改正案は全会一致で可決され、町内で雪玉を投げる行為が合法化された。

マクラウド町長がCNNとのインタビューで語ったところによると、条例では人や動物、建物、樹木、車などを狙って「石やそのほかの発射体」を投げる行為が禁止されている。

デーン君たちのクラスが町役場を訪れた時、町長はこの条例を紹介し、人に雪玉を投げ付けるのも実は違法だと指摘した。

町長は毎年、役場を見学する小学生たちに同様の話を聞かせ、条例を改正してみないかと声を掛けてきた。「それに初めて応じたのがデーン君だ。よくやった」と、町長は目を細める。

デーン君は条例改正を勝ち取った後、町で初めて合法的に投げられる雪玉を渡された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]