太平洋に浮かぶ巨大ごみベルト、回収プロジェクトが始動

「太平洋ごみベルト」の実態

(CNN) 太平洋上に膨大な量のプラスチックごみが浮かぶ「太平洋ごみベルト」の除去を目指し、巨大装置を使ってごみを回収するプロジェクトが始動した。

プロジェクトは海洋プラスチック汚染対策を手がける「オーシャン・クリーンアップ」が展開。全長600メートルのパイプ状装置に深さ3メートルの覆いを取り付けた「システム001」を使ってごみ回収を目指す。

システム001は8日に米カリフォルニア州サンフランシスコを出発し、240カイリの沖合まで曳航(えいこう)。2週間かけて公海上で試験運用を行う。海上で風と波に押されてU字型を描き、ゆっくりと移動しながらプラスチックごみを囲い込む仕組み。魚や海洋生物は下から逃げることができるという。

集めたプラスチックごみは小型ボートで回収してリサイクルに回す計画。ごみの中に魚などの海洋生物が紛れ込んでいないかどうかは、人手を使ってチェックする。

試運転が終了すれば、さらに1000カイリを曳航して太平洋ごみベルトに到達し、冬の悪天候に耐えながらプラスチックごみ回収に挑む。

太平洋ゴミベルトはハワイとカリフォルニア州の間にあり、面積はフランスの国土の3倍にも達している。オーシャン・クリーンアップの代表によれば、プラスチックごみの数は推定1兆8000億点、重さは8万トンに達する。「プラスチックの量は激増を続けている。除去しなければ、事態はさらに悪化の一途をたどる」と同代表は危機感を募らせる。

システム001は、年間50トンのプラスチックごみを回収できる見通し。同団体はさらに大型のシステムを60基配備して、年間計1万4000トンのごみを回収する計画を立てている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]